『祇園・八坂神社と新撰組ゆかりの地』ぶらり写真一人旅 in 京都⑩

御朱印巡りの京都旅行2018の続きです。

記事は『京都一人旅の撮影記録2018』にまとめてありますのでご覧ください!

 

撮影機材

マイクロフォーサーズのカメラで撮影しています。

カメラ本体

今購入するなら、E-PL9が値段的にも同じクラスのカメラになります。

レンズ

・標準ズームレンズ

祇園の街並み

お昼は祇園でにしんそばを食べました。
にしんそばは、京都の名物料理みたいですよ!
京都って何が名物なのかわからなくて食べるものに困ってしまうんですが、にしんそば食べれてよかったです。

にしんそばを食べた後は、枯山水の石庭で有名な龍安寺に行く予定でいたのですが、ちょっと遠い…
帰りのバスの時間帯次第では帰りの新幹線に間に合わなくなるので予定変更!
予定には無かった八坂神社へ向かいました。
看板をあちこちで見かけたので有名な神社なのでしょう!(適当)

外国の方々が、何もなさそうな脇道に向かってスマホを向けて集まっていたので、何かと思ったら着物を着た女性がいました。
京都らしい風景ですね。
最近では舞妓さんを追いかけ回して撮影する方も増えているようなので、残念なことです。

八坂神社

ようやく着きました!
ここが八坂神社です!
撮影するにあたり、人がいなくなるのを待つのがとにかく大変だった(^^;

有名な神社だけあって、広い境内なのに人がこんなにいます!
着物を着た女性が多かったのも印象的ですね。
外国の方も訪れるスポットらしく、着物を着た女性は外国の観光客に一緒に写真を撮ってくれとお願いされてました(笑)
写真撮影の順番待ちしてる人もいたりして、着物=和の風景なんだと改めて実感しました。

八坂神社の御朱印です。
人が多い割にはすぐにいただけました!

こちらは書置きの限定御朱印になります。
八坂神社が鎮座する東山の地を守護するのが「青龍」です。
八坂神社のHPによると『京の中央を守護する平安神宮を中心に、北の玄武が賀茂別雷神社、南の朱雀が城南宮、西の白虎が松尾大社、そして、東の青龍がこの八坂神社』とのことです。
何も知らずに訪れたけど、祇園祭の神社だし、とても有名なところでした(笑)

 

壬生寺

龍安寺に行くのをやめたので、時間が余り、もう完全に趣味ですが新撰組ゆかりの地である壬生寺を訪れました。
漫画「るろうに剣心」が好きで新撰組に興味を持って、NHKの大河ドラマでも「新撰組!」でどんなことをした人たちなのかを深く知りました。

建仁寺や八坂神社と比べると人の少ないこと…
まぁ、外国の方々は坂本龍馬は知ってても、新撰組は知らないよね(-_-;)
日本史の教科書にも出てこないし、仕方ないのかなぁと思いつつも何だか寂しい気持ちになりますね。
何もないけど、感慨深いものがあります。

壬生寺は新撰組の隊士達が剣術稽古に励んでいた場所です。
新撰組一番隊組長である沖田総司が境内で子ども達と仲良く遊んでいたと語り継がれているようです。

千体仏塔と呼ばれる仏像が並べられた塔。
ミャンマーでは円錐形の塔を見かけますが、何か意味があるんだろうか…
名前の通り本当に千体の仏像が並べられているのかな?
立ち入り禁止で下から見上げるようにしか見れませんが、見所の一つです。
撮影は逆光で苦労しました…

3種類用意されていた御朱印の中で壬生寺のご本尊である地蔵尊の御朱印をいただいてきました!

つい買ってしまった新撰組のデザインの御朱印帳。
壬生寺の右手にあるお土産屋さんで売ってます。
壬生寺の御朱印をいただける社務所ではないので注意!
ちなみに壬生寺の社務所では新撰組のデザインの御朱印帳は取り扱っていませんでした。

 

八木邸

新撰組の屯所であり、発祥の地です。
ガイドさんが丁寧に説明してくれます。
お抹茶とお茶菓子付きで1000円です。
ちなみに写真撮影はここまでで、奥の八木邸は撮影禁止です。
ガイドは1時間くらいだったと思います。
居間に座って新撰組の成り立ちのお話をガイドさんから聞いて、八木邸内をぐるっと1周する内容です。

何といっても見所は、芹沢鴨の暗殺時にできたとされる鴨井の刀傷!
ちょっとしたものだし、新撰組に興味ない人からするとただの傷なんですけどね。
みんなが触りまくったせいでツルツルになってきてしまったらしく保護カバーがされていました(^^;
でもあの有名な刀傷を見ることができてちょっと感動しました。

壬生寺と八木邸を訪れたこの日に、るろうに剣心の連載再開が発表されましたw
これもまた個人的に嬉しいニュース!

 

西院春日神社

壬生寺、八木邸から更に西に向かい、西院春日神社にも訪れました。
境内は写真禁止とのことで写真はありません。
6尺藤が有名らしいのですが、平等院は満開でしたがまだ咲き始めたばかりでした。
実は
御朱印帳が素敵なので、ちょうど壬生寺で御朱印帳がいっぱいになったため、寄らせていただきました。
6尺藤と白鹿の刺繍が素敵な御朱印帳です!
見本で置いてあった御朱印帳は日焼けして6尺藤が真っ白でしたが、実物は金色でした!
見本を見た時はイメージしていた御朱印帳と違ってびっくりしましたけどね!笑

 

来るまでは予定を立てていなかったくせに、行きたいところが多すぎて行ききれませんでした。(思い付きで天橋立に行ったのが全て悪いんですけどね…)
行き当たりばったりで観光ルートの参考にはならないと思うけど、素敵なスポットがたくさんあるんだよってことで、今回の記事を読むことで一つでも行ってみたい場所ができたら幸いです。
読んでくれている人がいるかわかりませんが、長々とお付き合いいただきありがとうございました(^^)/

スポンサーリンク