『廃墟となった不夜城 軍艦島』ぶらり写真一人旅 in 長崎&熊本⑤

2013年3月13日~19日

【初一人旅!初撮影!初めて尽くしの長崎~熊本⑤】
廃墟となった不夜城 軍艦島

初めての一人旅で佐世保市~長崎市~島原~熊本~阿蘇山を旅した際の旅行記です。

2013年3月16日

この日は、軍艦島と平和記念公園を訪れた後、島原へ向かいます。

撮影機材

撮影機材はOLYMPUSのXZ-1という「高級コンパクトデジタルカメラ」に分類されるデジカメで撮影しました。

カメラ本体

おらんだ橋

天気予報では本日は晴れ☀
前日に軍艦島クルーズの予約をしました。
まずは軍艦島を目指します🚢

途中でみかけた「おらんだ橋」

謎の銅像も佇んでいますが、特に観光しに来るところではないです。
オランダ坂のせいで、オランダ〇〇には期待していない自分がいますw

【世界遺産】軍艦島(端島)

軍艦島行きのフェリー乗り場

軍艦島の船乗り場への最寄りは「大波止」です。

すぐ近くに文明堂の本店があります。
今回、私はやまさ海運株式会社の軍艦島ツアーに参加しました。
やまさ海運の軍艦島クルーズ
いくつかツアー会社はありますが、当時の私は発着時間と、なんとなくのツアー内容で決めました。

こちらで予約済みであることを伝え、チケットを購入。4500円ほどでした。

この船は観光丸。
かっこ良くて思わず写真を撮りましたが、私が乗る船はこれじゃありません。

軍艦島へは行かずに途中でUターンして戻ってくる船です。

そう、この船は観光丸。この船じゃないんです。

私が乗るのはこちら!マルページャ!フェリーです…
観光丸に乗りたかった…

軍艦島までの景色

9:00頃。 いよいよ出発です!

おぉ!イージス艦!🚢

三菱重工100万トンドック

女神大橋

上陸

9:30頃。 軍艦島が見えてきました!
軍艦島の正式名称は「端島(はしま)」と言います。
軍艦「土佐」に似ているため、軍艦島の愛称で広く知られています。
とは言っても、似ているのは今の軍艦島ではなく、当時の建築途中の軍艦島のようです。
戦艦「土佐」はワシントン海軍軍縮会議の締結により建造中止になったり、縁起が悪いとされる進水式でくす玉が割れない事故に見舞われるなど不運な運命をたどっています。

2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」がUNESCOに世界遺産として登録され、軍艦島もその構成要素の一つとして注目されたことは記憶に新しいかと思います。
でも、私個人的には世界遺産に登録したのは失敗だと思います。
世界遺産に登録するとインフラ整備したりも含め手を加えられない上に、崩壊しかかっている軍艦島を今の姿のまま留めないといけません。
海上に野晒しにするしかない軍艦島。
その姿を維持するのにいったいどれだけの労力とお金がかかるのか…
しかも船でしか行けないため1日の入島人数に限りはあるし、天気が悪かったり波が高ければ入島できません。
2013年は4500円で行けたけど、今後はもっと値上がりするんじゃないでしょうか。

建造中止になったため、姿形が他の戦艦と異なり、当時建築途中であった端島と似て見えたのかもしれません。
土佐に似ているかは不明ですが、私が撮影した写真も軍艦に見える写真が何枚もあります!
割とどの角度から見ても軍艦の形に見えるのが凄い!

2009年にB’zのMY LONELY TOWNのMVで使用されたことや最近では世界文化遺産にも登録されたのでますます認知度も上がったと思います。

ここからしばらく軍艦島ギャラリーをお楽しみください!

上陸後はツアー客全員でぞろぞろと移動。
行ける場所はほんの一部で、ほとんどが立ち入り禁止区域になっています。
廃墟マニアには堪らないんだろうなぁという印象。

この地図はシーマン商会のHPよりお借りした地図になりますが、実際に行けるのはこんなもんです。

周遊

さて、ここから帰るわけですが、やまさ海運株式会社の軍艦島ツアーは軍艦島の周りをぐるっと一周してくれるんです!!!

ちょっとアレンジしてみました。

他のツアー会社さんでは周遊してくれるのかわかりませんが、写真撮影に重点を置いており、なおかつ、廃墟よりも外観に興味をお持ちの私のような方には、やまさ海運株式会社はお勧めです!
360度、ぐるっと軍艦島を堪能できるので、上陸時には立ち入り禁止で見れなかった場所まで見れちゃいます!

ちょっぴり嬉しいこんな証明書もくれます(^^♪

スポンサーリンク