『島原城と武家屋敷。フェリーに乗って熊本へ!』ぶらり写真一人旅 in 長崎&熊本⑨

2013年3月13日~19日

【初一人旅!初撮影!初めて尽くしの長崎~熊本⑨】
島原城と武家屋敷

初めての一人旅で佐世保市~長崎市~島原~熊本~阿蘇山を旅した際の旅行記です。

2013年3月17日

初めての一人旅5日目です!
島原の観光名所をサクッと周って、夕方にはフェリーで熊本へ向かう予定です。
疲れもあり、10:00に行動開始です。

撮影機材

撮影機材はOLYMPUSのXZ-1という「高級コンパクトデジタルカメラ」に分類されるデジカメで撮影しました。

カメラ本体

島原城

島原城ポータルサイト
昨晩、怖い思いをした島原城へ向かいます。

昨晩は真っ暗でわかりませんでしたが、のどかな風景が広がっていました。
しかし、昨晩よりは地元の人を所々で見かけるものの、観光名所に向かっているのに本当に人がいない…

長崎のスーパースター、さだまさし!
1200人程度のキャパの会場で5500円で聞けるのか。
普段、洋楽ばかりで12000円くらい取られる上に、小さくても武道館(収容人数:約13000人)、下手すると東京ドーム(収容人数:約55000人)だから破格の安さに感じてしまうw

昨晩は真っ暗だったこの道も昼間はこんな感じ。

梅の花も咲いていました。

天草四郎、再び!

昨晩は暗闇の中、妖怪にしか見えなかった銅像シリーズw
島原城は天守閣にも登ることができ、展望台にもなっています。

天守閣から360度、島原の街並みを見渡すことができます。
写真の山が、雲仙普賢岳の噴火でできた平成新山!(たぶん!)
曇天でしたが、人を見かけなかった割には住宅が密集していることがわかります。

何も知らない私はネームバリューのみで「雲仙普賢岳はどれー?」ってその辺を歩いてた地元のおじちゃんに聞いたけど、ここからは見えないよ、何言ってんの?みたいな感じでバカにされましたw

恐らく、島原駅周辺で一番の観光スポットのはずですが、午前11時の時点でこのまばらな混み具合。

キリシタン墓地

石の水道管。石でできた水道管なんてあるんですね!ちょっとびっくりです!

籠城時に使っていた、梅干を入れていたかめ

観光復興記念館

雲仙普賢岳の噴火による爪痕の一部を見ることができます。
雲仙普賢岳の噴火は1991年をピークに1990~1996年まで続きました。
その時にできた溶岩ドームが後の「平成新山」です。
火砕流で溶けたバイクや三輪車、ガードレールを見るだけでも恐ろしいですが、この火砕流が時速100kmで襲ってきたというのだから想像を絶する恐怖です。

長崎出身の有名人のサイン…なのかな?
他にも島原城を取り囲む銅像や、長崎市の平和記念像を作った北村西望の記念館もあって立ち寄ったのですが、写真がない…
なぜ写真がないかというと、記念館の入場口のおじさんに捕まり延々と話を聞かされたんですね。

なんと1時間も…
しかも、帰りにもまた捕まって合計1時間30分くらい足止めを食いました(~_~;)

A4用紙2枚分の「戦国期における備前の歴史」というレポートまでくれましたw
今でも捨てずに保管してありますw

いや、良いおじさんだったんですけどね。
ちょっと空気読んでほしかった
なので、残りの観光スポットを周る時間が怪しくなって、駆け足で見て回ったので写真がないんです(苦笑)

島原武家屋敷

島原城から徒歩数分の場所に島原武家屋敷が保存されている地区があります。
長さ400mほどの町並みで山本邸、篠塚邸、鳥田邸の3軒が一般に無料開放されています。


島原観光で外せない観光地の一つですね。
あたりの景観も含めると、個人的には島原城よりも行く価値があると思います。

具雑煮

島原名物、郷土料理です。
この具雑煮のはじまりはあの有名な「島原の乱」だと言われています。
江戸幕府のキリスト教弾圧に一揆を起こし原城に立てこもりました。
その際に兵糧として餅を蓄えさせていたため、山や海の幸をいっしょに雑煮として食べたことが始まりのようです。
島原で食べた物の中で一番美味しかったです!

鯉の泳ぐまち

町内を流れる綺麗な水路を活かした街づくりと、子どもたちの豊かな心を育むために昭和53年に恋を放流したのが始まりとのことです。

普通の道路のわきが水路になっていて、そこを鯉が泳いでいるというただそれだけの場所。
全国見渡してもこの光景はここ島原だけだと思われるので、そういった意味では価値があるかな。
わざわざ行くほどではないと思います。

島原から熊本へ

フェリーに乗って島原を目指します!
私は九商フェリーを使いましたが、他にも色々とフェリー会社があったみたいです。
ちなみに九商フェリーは片道780円、60分で着きます。
もう少し高い料金なら30分で着く高速船もあるみたいですよ!

フェリーに乗ってからは長旅の疲れもありしばらく爆睡していたのですが、外に出てみるとカモメの大群が!

他のフェリー会社ではわかりませんが、九商フェリーではカモメの餌を売っておりカモメに餌付けをすることができます。
その餌を求めて、カモメの大群が押し寄せるわけです。
2枚目の写真の中央下のカモメが加えてるのが餌です。
私は写真を撮るのに夢中で餌付けはしてませんが、餌の色や形状からするとかっぱえびせん…かな?

月〇

馬刺し

熊本と言ったら馬刺し!
横浜住まいだと、ちょっと足を延ばせば東京に行けるので、大抵の物なら食べれてしまうんですが、やはりその土地に行かないと味が落ちてしまう食材もあります。
馬刺しは冷凍されているものが多く、熊本で食べるものとは味が雲泥の差です。
めっちゃ美味しいので熊本に行ったら必ず食べたい食材です!

ウニチャーハン

ウニチャーハン!
ウニの柵が半分チャーハンに刺さっているという衝撃的な料理w
味よりも見た目のインパクトが凄まじい。
てか、レンゲをどかさないで撮影するというセンスのかけらもない写真w
しかも、うにがボケてるというダメダメな写真。
本来ならお蔵入りする写真ですが、他に載せれる写真がないから仕方ない。
写真始めたばかりの頃の写真なんで許してください。

翌日の熊本城観光へ続く。

スポンサーリンク