『世界でここだけ!温泉に入る日本猿(スノーモンキー)を見に行ってきた!』ぶらり写真一人旅

2018年1月26日

地獄谷野猿公苑 / SNOW MONKEY PARK

撮影機材

マイクロフォーサーズのカメラで撮影しています。

カメラ本体

今回の撮影ではほとんどこのレンズを使いました。
テレコンはなくても十分に撮れる距離なので、無くてもOKです!

温泉に入る日本猿(スノーモンキー)

1月26日(金)に長野県の地獄谷野猿公苑へ行ってきました。
週初めに横浜でも大雪が降った週で、大寒波が到来した時期でした。
絶景&アニマルハンターの私としては前々から地獄谷で温泉に入る日本猿を撮りたいと思っていたので、これはチャンス!と思い立ち行ってきました。
地獄谷の日本猿は海外ではスノーモンキーと呼ばれていて有名ですよね!

思いつく(23日)→バス予約する(24日)→夜、出発(25日)みたいな感じです。
元々、旅行に行く時はあまり計画立てないので行き当たりばったりです。

結論から言うと…
温泉に入る日本猿を無事に撮れました!v(。・ω・。)ィェィ♪

1/25(木) 23:35に新宿バスタ(南口)→1/26(金) 5:15に善光寺大門
行きは3列でゆったり、帰りは4列でしたが運良く隣に乗る人がおらずラッキー♪
久々の長距離バスでしたが、やはり3列が良いですね。
隣に人が密着してないだけで大分疲れが違います。

1/26(金) 5:15 長野県 善光寺大門前に時間通り着。
気温は-8℃。結局この日は一日中、氷点下でした。
しかも、困ったことに、長野駅周辺はコンビニくらいしか開いてませんΣΣ( ̄◇ ̄;)!
私は利用しませんでしたが、夜明けまで時間を潰したかったらTwitterで「#夜行バスで利用で早朝に長野駅についたら」で検索してみるといいです。
私は街歩きが好きなので夜が明ける前に街中散策したのと、何も準備してこなかったので時刻表調べたり地獄谷までの行き方を調べたりしてました。

スノーモンキーパス / SNOW MONKEY PASS

SNOW MONKEY PASSを長野駅の長野電鉄の窓口で購入!
往復のバス、電車+地獄谷の入園料込みで3200円です。
買ってみてびっくりしたのが中に書かれてる説明が全部英語!日本なのに!(笑)

SNOW MONKEY PASSの表↓

SNOW MONKEY PASSの裏↓

ね?全部、英語でしょ?笑

長野駅から地獄谷温泉公苑までの道のり

行き方は主に2つあるみたいで、以下はSNOW MONKEY PASSに書かれた情報ですが
①長野駅→(長野電鉄 44分)→湯田中駅→(ローカルバス 10分)→上林温泉→(徒歩 30分)→地獄谷野猿公苑
②長野駅→(急行バス 47分)→上林温泉→(徒歩 30分)→地獄谷野猿公苑
があるみたいです。

時刻表なども参考に載せておきます。
SNOW MONKEY PASSの内側↓

私は②のルートで行きました。
急行バスは土曜日のみ8:15分発が始発、それ以外は9:00が始発でした。
平日でしたが、バスは満員だったので早めに並んでおくことをお勧めします。
ちなみに私が乗ったバスには、私が把握している限りは日本人は私一人でした。

…ここ、日本…だよね!?( ̄▽ ̄;)

SNOW MONKEY PASSがなぜ英語で書かれているのかこの時ようやくわかりました。

この時点で長野駅に着いてから4時間経過しており、疲れもありバスの中では爆睡してしまいましたが、バスの中は外国人だらけで日本なのに外国に来ているような異様な雰囲気でした。

ちなみに地獄谷野猿公苑の周辺にはバス停が3つあり、バスの時間により発着の場所も違うので、時刻表で確認するか近くに係員がいれば聞きましょう!
私は、地図のバス停で言うとB地点のバス停で降りました。
バス停からは坂道を登っていけばこんな場所に着きます。

SNOW MONKEY PARKへ続く道①

ここからまだ1.6kmあるようです。ちなみにこの時の時間は10:10でした。
ここからはひたすら一本道です。
森の中ですが、道はきちんと整備されています。
でも、雪が積もっているので、スノーブーツなど滑らない格好で行きましょう。

SNOW MONKEY PARKへ続く道②

一本道を抜けこんな景色が見えてくればもうすぐそこです。
ちなみにこの時点でスマホでこの地域の温度見たら-10℃でした。
地獄谷野猿公苑は山の中だし、更に撮影中、吹雪いてきたのでもつと低かったと思います。
防寒対策はしっかりしていきましょう!

SNOW MONKEY PARK 入口

ここが入り口です。
10:35。門から約25分で着きました。看板に書いてある通りでした。
中にコインロッカーもありました。
私は利用しなかったので、料金や大きさはわかりません。

地獄谷野猿公苑の中は、広さとしては10~20分あれば十分まわれる広さです。
温泉の周りに多少の柵はありますが、お猿さん達との間にほとんど障害物はありません。
お猿さん達も無暗に襲いかかってこないのでついつい近づきすぎてしまいますが、野生の猿だということをお忘れなく!

温泉に入る日本猿の写真

以下、地獄谷のお猿さん達をお楽しみください♪
35mm換算で400mm程度のレンズがあればドアップで撮れます!
ちなみに猿の写真は全てF5.6で撮ってます。

マレーシアでも野生の猿が間近で見れる場所がありましたが、観光客から物を奪うので至るところから悲鳴が聞こえていました。
地獄谷の猿たちは観光客を襲うことがありません。
どうやら猿に餌付けしないよう徹底した管理をしたからみたいです。

こんなに安全に間近で野生の猿を見ることができる場所は世界中探しても中々見当たらないんじゃないでしょうか。
とても貴重な場所です。
みんなでマナーを守ってこの環境を維持したいものです。

私は10:30頃~12:30頃までいましたが、普通の人はもっと短い滞在時間になると思います。1000枚以上写真撮りましたので(^^;

帰りはバス停付近の猿座カフェでお茶して、
14:05に再びB地点から急行バスに乗り、15:00に長野駅に戻ってきました。
遅めのお昼を食べようと探しましたが、お蕎麦屋さんは10::00頃~14:00頃のところが多く、ほとんど空いてませんでした。
お蕎麦食べたい人は時間を考えた方が良いです。

18:00 長野駅 発のバスを予約していたけどもっと早い時間帯のバスで良かったかなぁ…
新宿には22:00頃着きました。

地獄谷以外にも、善光寺とかるかや山 西光寺にも行きましたが、ほぼ御朱印をもらいに行っただけなので割愛。

来年以降でも東京近辺から地獄谷野猿公苑へ行く方の参考になればと思います。
最後まで読んでくれた方、ありがとうございました。

 

【使用機材】

本体:OLYMPUS E-P5
レンズ:猿の写真→M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + 1.4×テレコン

 

【旅程】

1/25(木) 23:35 新宿バスタ(南口) 発
1/26(金)   5:15 善光寺大門 着 → 周囲の散策

7:30 善光寺観光
9:00 長野駅 急行バス 発
10:35 地獄谷野猿公苑 着
12:40 地獄谷野猿公苑 出発
14:05 地獄谷野猿公苑ふもとのバス停 急行バス 発
15:00 長野駅 着
16:00    かるかや山 西光寺
18:00 長野駅 発
22:00 新宿 着

【旅の費用】

往復のバス代 3,900円+3,200円
SNOW MONKEY PASS 3,200円
御朱印代 300円×3=900円

—————————————————

合計 11,200円 + α(飲食代、お土産代)

スポンサーリンク