ソレルのスノーブーツ「カリブー」のお手入れ方法

スノーブーツの定番
『ソレル(Sorel)のカリブー』

 

※2019/2/3に記事内容を更新しました。

カリブーとは?

スノーブーツとして人気の高いソレル(Sorel)のカリブー(Caribou)!
2018年は地獄谷野猿公苑 / SNOW MONKEY PARKを訪れたこともあり大活躍だったカリブー。
長野県の雪山を歩いても防寒性、防水性は抜群に良く滑ることも一切ありませんでした。
スノーブーツってダサい形のものが多い中、世界中に愛好者もいることが納得のデザイン!

雪の積もった場所に行く予定のある方なら1足は持っておいて損のないスノーブーツです。
デメリットとしては値段が張ることと、重いことですね(^^;

栄養・防水スプレーでヌバックの品質維持!

最後にポリッシングクロスで仕上げ!

ゴム部分には界面活性剤!

湿気対策

なので、私は大きなビニール袋に乾燥材を入れて保管してます(笑)
ドライボックスを購入しても良いと思いますが、手頃な値段のプラスチックボックスが100円ショップでも売られているので、それに除湿剤と湿度計を入れて湿度40%くらいに保つのが一番コストパフォーマンスは高いかなと思います。(除湿計はメーカーや製品によって誤差がとても大きいのであくまで目安程度です。)
シリカゲルで湿度を保つのが一番無難かなと個人的には思います!
1袋10gと1袋20gのものが一番使いやすいと思いますよ!

その他

シューキーパー

カリブーの保管に限ったことではないですが、革靴は型が崩れやすいのでシューキーパーは必須です!
カリブーはつま先部分がゴムなので、型が崩れる心配は少ないと思います。

ブーツ用はちょっとお高めになりますが、カリブー以外にも使えますし、私も普段履き用のブーツに使用しています。
足のサイズによってMサイズとLサイズがありますので、ご購入される際は注意してくださいね!

 

良かったら見て行ってください!
カリブーが大活躍した地獄谷の記事はこちら↓

『世界でここだけ!温泉に入る日本猿(スノーモンキー)を見に行ってきた!』ぶらり写真一人旅

スポンサーリンク