『ガウディのライバル!モンタネールが手掛けたカタルーニャ音楽堂』スペイン一人旅の撮影記録⑲

2018年9月15日~24日までの10日間でスペインを周遊した際の記録になります。
記事は『スペイン一人旅の撮影記録』にまとめてありますのでご覧ください!


スペイン一人旅の撮影記録⑲

『カタルーニャ音楽堂 / Palau de la Música Catalana

スペイン一人旅の5日目。
バルセロナを訪れた際の記事になります。

この記事ではカタルーニャ音楽堂について記載していこうと思います。

場所

モンタネールの最高傑作!

今ではガウディの陰に隠れてしまいがちですが、ガウディに勝るとも劣らない知名度を誇っていたのがモンタネールです!
ガウディとともにモデルニスモ建築を代表する建築家です。
Lluís Domènech i Montaner」と書きます。
読み方によって、「モンタネール」とも「ムンタネー」とも書かれていますが、当ブログでは「モンタネール」で統一して記載させていただきます。
モンタネールの手掛けた建築物は、カタルーニャ音楽堂の他にはサン・パウ病院が有名です!

 

モデルニスモ建築

スペインのバルセロナを中心としたカタルーニャ地方で19世紀末から20世紀初頭に流行した、フランスのアール・ヌーボーと類似した芸術様式

wikipediaより引用

外観

カタルーニャ音楽堂の外観です。
中も外もオシャレな建物です!
向かいにある「
Tosca Tapas y Vino」というレストラン&バーも料理が美味しくてお勧めなのでぜひ立ち寄ってみてください!

 

入り口を入ると目の前にこの大階段が現れます。
そのまま奥に進むとバル、右手側にチケット売り場があります。

チケットを購入して、時間になったらバルの奥に集合です。
大階段のあたりで待つ人もチラホラいますが、バルの奥なので間違えないように!
私は騙されて大階段のあたりでしばらく待ってました。
係員さんに聞こうとしても忙しいのか取り合ってもらえなかったので注意しましょう!笑

 

バルの奥にはこんな客席があって、ここでまずはカタルーニャ音楽堂についてみんなでお勉強です。
ビデオを見るんですが、私は英語ツアーに参加したのでもちろん英語(笑)
日本語は残念ながら無かったので、諦めましょう。
私のように英語ができない人は映像を楽しむだけになると思います。

この後はいよいよ見学に移ります。
見学場所は、大ホールの1階席、大ホール2階席、大ホール前の広間の3つになります。
それを2グループに分かれて順番に見学していきます。

ちなみに私は大ホールの1階席→大ホール前の広間→大ホール2階席の順で見学しました。

 

大ホール(1階席)

足を踏み入れた瞬間から息を飲む美しさ!!
周りからも感嘆のため息が聞こえてくるほどです!
同じモデルニスモ建築ですが、ガウディ作品とは大きく違いますよね。
ガウディ建築よりも万人にわかりやすい美しさだと思います。

 

実際にパイプオルガンの自動演奏を聴かせてくれます!
でも、感想としては…音響はあまり良くないかなと思いました(^^;
音の余韻があまりなく、響かないんですね。
恐らく、過度な装飾をしてあるので、音が打ち消されているのではないかと思います。

現在も実際に使われている音楽ホールということですが、音響だけで言ったら現在新しく建てられた音楽ホールの方が格段に音響は良いです。
音響設備自体も、カタルーニャ音楽堂を建てた時よりも進歩しているので当たり前のことではあるんですけどね(^^;
…とは言っても、よくライブ会場となる東京ドームとかと比べたら格段に良いですよ(笑)
私は「昭和女子大学 人見記念講堂」とか「東京国際フォーラム ホールA」とかにライブでたびたび足を運びますが、音響は日本のホールの方が良いですね。

見学ツアーではなく、コンサートが聞けるチケットもありますが、過度な期待はし過ぎない方が良いかなぁと思います。
世界遺産で音楽を聴いていることに大きな意味を見出せるかで評価が分かれるところだと思います。

 

1階席から2階席を撮影した写真です。
とにかくフォトジェニックな空間です。
天井のステンドグラスがとにかく印象的ですよね。

 

大ホール前の広間

こちらでもツアーガイド(カタルーニャ音楽堂の案内人)が何やら説明してましたが、英語なので何もわからず…(-_-;)

 

ホールの外はちょっとしたバルコニーになっていました。
外観同様、オシャレなつくりでした。

 

大ホール(2階席)

やはり2階からの眺めは圧巻ですね!
もはやこのホールを見に来るためだけの空間です。
写真を撮るのが好きな私にはフォトジェニックな空間で、大満足でした!

 

バルセロナでは、モンタネールの作品としてはカタルーニャ音楽堂とサン・パウ病院を観光しましたが、奇抜なガウディ作品とは異なる
表現法に感動しました。
ガウディ建築も面白いけど、私はモンタネール派かなぁ(笑)

 


※職場異動でなかなか時間が取れず更新滞ってますが、GW中には続きを書きたいと思ってます。

スポンサーリンク