皆既月食 スーパーブルーブラッドムーン(31/Jan/2018)

2018年1月31日

スーパーブルーブラッドムーン

撮影機材

マイクロフォーサーズのカメラで撮影しています。

カメラ本体

今回の撮影ではほとんどこのレンズを使いました。
座って近い席から撮るのは被写体が動くほど難しいので、立ち見の遠い位置から望遠レンズで狙うのが撮りやすいと思います。

その他

・三脚

・レリーズ

皆既月食

撮影の記録として残しておこうと思います。
35mm換算で420mmの望遠ですが、トリミングしてようやくこの大きさ(~_~;)
1000mmくらいの望遠で撮ればトリミングなしでこの大きさで撮れるのかなぁ。
撮影場所は横浜の自宅のベランダですw

スーパーブルーブラッドムーンって何?

スーパーブルーブラッドムーンって凄そうな名前だけど、そもそも何なのか。

  • スーパームーンとは、きちんとした定義がないので曖昧ですが、通常よりも大きく見える満月のことを言います。
    地球と月の距離は、月が楕円軌道を描くため約35万7000kmから40万6000kmで変化します。
    (参照URLはこちら
  • ブルームーンとは、こちらもきちんとした定義がありません。
    一般的には、1か月に2度来る満月のことを言います。
    青く見える月というわけではないです。
    (参照URLはこちら)
  • ブラッドムーンとは、皆既月食のことです。
    皆既月食中は月が赤黒く、赤銅色に見えることからブラッドムーンと呼ばれています

上記3つの現象を合わせてスーパーブルーブラッドムーンと呼んでいますが、定義が曖昧なので、「いつもより珍しい皆既月食」だと思っていれば良いと思います(笑)

月の撮影方法

月の撮影に必要なのは望遠レンズです。


参考までに、m4/3の210mm(35mm換算で420mm)でトリミングしないならこのくらいの大きさです。
トリミングせずに画面いっぱいに写そうと思うならm4/3で500mm(35mm換算で1000mm)くらいでしょうかね。
レンズの大きさも値段も簡単に手を出せないものになります(^^;
普段の月(特に満月)は明るいので手持ちでも撮れますが、皆既月食は暗いので三脚を用意した方が無難です!
三脚を使用する際に注意しなければならないのは、月や星は動くこと。
1分もシャッターを開けておけば星は点ではなく楕円になります。
皆既月食は暗いので数十秒の長時間露光で撮ろうとする方もいるかもしれませんが、月も動くことを計算して撮影するようにしましょう!

あとはカメラの測光モードも重要です!
基本設定では「ESP」(メーカーによっては「評価測光」とか「マルチパターン測光」と表示されているかもしれません。)になっていると思います。

ESPで撮った失敗写真です。
ESPは画面全体の明るさを調整してくれるのであらゆるシーンで活躍してくれますが、明るいものと暗いものが共存している場合、いわゆるコントラストが強い写真には不向きな設定です。
満月などを撮る場合は「中央重点」や「スポット」などに切り替えて撮ってみると良いです!

どちらの写真も「中央測光」の測光モードで撮影した写真になります。
参考までに上の写真が月齢14.1、下の写真が月齢10.6です。
月を撮るとなると満月を撮りたくなりがちですが、少し欠けている方が立体感が出ますよ!
満月はどうしても平たくなってしまいます(^^;

 

スーパーブルーブラッドムーンの撮影記録

20:48 部分食の開始

21:34撮影

 

21:51 皆既食の始まり

21:51撮影

 

22:29 皆既食の最大

22:36撮影

無事に綺麗に撮ることができました\(^o^)/
参考までに、ISO:800、SS:1.6秒、f/4.5で撮りました。

 

皆既月食はなぜ赤い?

ちなみに皆既月食は、太陽と月の間に地球が入り、完全に一直線に並び、太陽の光が届かなくなった(届きづらくなった)状態です。
月は太陽の光を反射し輝いているため、皆既月食中は太陽の光が届かず真っ暗になるはずです。
しかし、実際は皆既月食中も肉眼で月を見れる上に、なぜか赤銅色…

なぜなのか?

それは地球の大気で光が屈折するためです。
光が捻じ曲げられて、本来届くはずのない光が月に届き、月に反射した光が私達の眼に届いているということです。
また、赤銅色に見えるのは、青い光は大気で散乱し弱くなりますが、赤い光は波長が長く散乱の影響を受けにくく、太陽まで届くためです。
昼間に空が青く見えたり、朝日や夕日が赤く見える原理と同じことが皆既月食でも起こっています。
大気の散乱は空気中の塵の量によって変わるため、皆既月食の色は毎回異なる色になります。
(参照URLはこちら)

 

次回の皆既月食の予定日

次回、日本全国どこでも観れる皆既月食が見れるのは2021年5月26日とのことです。
さらにその後は、2022年11月8日になりますが、この日は皆既月食中に天王星食も起きるようです!
まだまだ先の話ですが、晴れることを祈りましょう!

 

使用機材

本体:OLYMPUS E-P5

レンズ:M.ZUIKO DIGITAL ED 40-150mm F2.8 PRO + 1.4×テレコン

三脚:Velbon UT-53Q 自由雲台

スポンサーリンク