津久井湖城山公園 ルピナスまつり 2017

2017年5月14日

津久井湖城山公園

撮影機材

マイクロフォーサーズのカメラで撮影しています。

カメラ本体

今購入するなら、E-PL9が値段的にも同じクラスのカメラになります。

レンズ

・望遠ズームレンズ

津久井湖 ルピナスまつり

皆さんはルピナスをご存知でしょうか?

ルピナスは「昇り藤」とも呼ばれているマメ科の植物になります。
毎年、ゴールデンウィーク明けくらいからが見頃になります。

関東近辺だと、国営武蔵丘陵森林公園や津久井湖城山公園が有名です。
この記事では2017年に訪れた津久井湖城山公園のルピナスをご紹介したいと思います。

津久井湖城山公園(水の苑地)へは橋本駅よりバスが出ています。
バス停を降りてからも少し距離があるので事前に調べておいた方が不安が少ないかもしれません。

天に向かって真っすぐ伸びているものもあれば、猫の尻尾みたいにクネクネしたものまで様々です。

ルピナスは星空で有名なニュージーランドのテカポ湖周辺にも咲き乱れることで有名です!
「善き羊飼いの教会」と呼ばれる石造りの教会と星空の写真を見たことがある人も多いのではないかと思います。

品種が違うのか詳しいことはわかりませんが、色も様々です。
昇り藤とは呼ばれていますが、藤とは全く異なるカラフルな景色です!

人はそれなりにいましたが、混雑には程遠いレベルです。
人が少ないので個人的にはお勧めです!
公園全体としては広いのかもしれませんが、ルピナスが植えられているエリアはそう広すぎず狭すぎずでちょうど良い広さです。
なので、歩き疲れとかの心配は無用です。

蜂がせっせと蜜を集めており、撮影に夢中になってしまいました。
この時、蜂を初めて撮影しましたが、飛んでいる蜂を撮るのは難しい…
この写真はピントもきちんと合っているのですが、思っていたよりも羽ばたきが速く、羽がほとんど写りませんでした。
ちなみにこの写真のシャッタースピードは1/640です。
シャッタースピードが速すぎると羽が止まって写ってしまうので、適度なシャッタースピードに設定するのが良いですが、1/640でこの程度しか写らないとなると1/4000とか1/8000にしても羽が止まって写ることはないような気もします(^^;
また機会があったらチャレンジしてご報告したいと思います。

昆虫フォトグラファーの方々がどのように撮られているのかは知りませんが、私はフォーカスエリアを可能な限り小さくして望遠レンズで撮りました。
ちなみに写真はトリミングしてこの大きさです。
フォーカスエリアが広いとミツバチのお尻にピントが合っていたり失敗が多くなります。
そして、ミツバチは速いので飛んでいる姿を写真におさめるのは初心者では不可能です。
練習あるのみです!!笑

飛んでいるミツバチを撮りたいのであれば、花の蜜を吸いに来る瞬間を狙い撃ちするしかないです。
ホバリングして一瞬、運が良ければ1~2秒静止するタイミングがあるので、そのタイミングを狙いましょう!
何十枚も撮って1枚良い写真が撮れれば良いくらいの気持ちでいた方が良いです。
私自身もミツバチ撮影は初心者です。
何十枚も撮影して上手く撮れた写真だけ載せています。
狙って撮って百発百中ではなく、お蔵入りになっている写真がほとんどです(^^;
何十枚に1枚の写真を載せていると思ってください!
失敗を恐れずに撮りまくるのみです!

この写真は背景をボカして、なおかつルピナスが密集してたくさん咲いているように見せるために望遠レンズを使いました。
実際は写真で見るほどここまで密集はしていないです(^^;
もう少しまばらに咲いているイメージで訪れてください!

ちなみに参考までに、ほとんどの写真は35mm換算で400mm以上の望遠で撮ってます!
m4/3だと200mm以上ですね。
望遠レンズの圧縮効果を利用すると、遠近感が無くなり花が密集して花束のような花畑を演出できます。

ゴールデンウィークと言うと、あしかがフラワーパークの藤や、ひたち海浜公園のネモフィラが有名ですが、横浜在住だと遠いですよね。
横浜からでも片道1~2時間でこんな素敵なスポットもあるんだよ!ということでご興味ある方はぜひ!!

毎年、5月の2週目頃が見頃になります(^^)

 

【Best photo】

カメラ:OLYMPUS E-P5
レンズ:ED 40-150mm F2.8 PRO 1.4xテレコンバーター
撮影条件
焦点距離:210mm(35mm換算で420mm)
SS:1/200
F値:5.6
ISO:200

蜂の写真も上手く撮れたのですが、ルピナスを撮ることが目的で訪れたということと、この記事を見てくださった方の撮影の参考に少しでもなればと思いこの写真を今回のBest photoに選んでみました!蜂の撮影は私自身が初心者なので(^^;)
記事内に同じ場所から撮った縦構図の写真もありますが、私はなんとなくこちらの横構図の方が好きです。
横構図の方が背景を多く取り入れられているため、ルピナスがいっぱいの花畑を撮影したかった私の気持ちとしては横構図が合っていたんだと思います。
縦構図は紫色のルピナスが主役になって、上にニョキニョキ伸びてる感じがしてこれもこれで好きなんですけどね(笑)
横構図も縦構図も正解、不正解はないので、写真の印象が大きく変わるので自分が撮りたい印象に近いものを選んであげれば良いと思います!

 

お時間あればこちらも御覧ください↓

http://carpediem13.com/category/flower/

スポンサーリンク